必要な理由

仏壇

逝去後の名前ということで戒名をつける場合があります。しかし最近ではつけずに俗名で供養を希望するということもあるようです。それでも僧侶に言われたのであればどうしてもつけてもらわなければいけないという雰囲気にはなってくるでしょう。戒名をつけるだけでも高額な費用が必要となってくるので、あまりにも高い値段を提示された場合には、抵抗を感じてしまうことになります。しかしすでに決められてしまったのであれば、断ることはできません。僧侶との関係性を維持したいということであれば、つけてもらうとよいでしょう。葬儀にかかる費用に含まれてくるので、出来るだけコストを抑えたいという場合には生前に自分で考えておく、ということも可能です。自分で考えるともなると、自由につけることができるようになるので、そのほうが好ましいとすることもあります。必要か不要なのかということは故人の生前の考え方や遺族の考え方によっても変わってくるでしょう。

費用の相談

お経

戒名をつけてもらった場合の値段は寺院によっても異なりますし、宗派によっても変わってくるということがあります。他に仏教の場合には階級があるので、その階級に応じても請求される金額が異なってくることがあります。お金を積むことによって階級をあげることができる、というのもおかしな話かもしれません。僧侶が決めることができる価格ということもあるので、他の寺院ではどれくらいの価格になっているのか、ということを知らなければ、比較をすることができません。葬儀会社に相談をして相場をチェックしておくのもよいでしょう。あまりにも安すぎるというのも抵抗を感じるかもしれないので、相場を知っておくということはとても重要になってきます。今は家族葬など出来るだけ葬儀も簡略化をしてきているので、戒名そのものを廃止したいと考えている動きもあります。宗教に捉われず、寺院に依頼をしないで見送るという場合には戒名は不要になってきます。そうなるとその分の費用も抑えることが出来る、ということになってきます。寺院を介さない場合でも葬儀会社が対応をしてくれるので、特に困ってしまう、ということもないようです。できるだけ生前からどんな見送りにしたいのかということを相談しておくとよいでしょう。そうすることによって自分の希望にかなった見送りをしてもらえるかもしれません。余計な費用も省くことができます。

広告募集中